国産オオクワガタの産地や血統をしっかり守り飼育しています。大型血統をメインに飼育しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ペアリングもいよいよ終盤戦

今年はペアリングする数が例年以上に多くて、間違わないように細心の注意を払って行っています。
自己ブリだけならたいした数ではありませんが、友人の♀もいますので結構な数こなしています(自分的には。)

種付けをお願いした期待の♀も帰ってきました。
スペシャルな♂に種付けして頂きましたが、お相手が相当凄いのでプレッシャーがかかります。
なんとしても幼虫を採らなければ(汗)

産卵セットはGW明けからセットします。
特に不具合も感じませんでしたので、今年も卵で割り出します。


さて今期使用する♀の一覧を作成してみました。
これを見ればある程度の血統背景が分かるようになってます。

能勢YG
2013nose1.png

久留米
2013kurume1.png

本音はもう少し久留米をやりたかったのですが、能勢がどうしてもこれ以上外せなくて♀をクワガエルさんに強引に里子しました(笑)
ここに載っていない予備♀もいますが、多分使わないと思います。。。

今年は積極的に早期羽化♀を使ってみます。
サイズはあまり気にしていません。
血統背景が良くて沢山産んでくれればOKです。

まだ羽化していないので資質があるラインか分かりませんが、とりあえず体重が平均して乗っているラインを厳選しました。

通常羽化は52ミリ位の♀がなんとなく好きなので、同じ様なサイズばっかりです(笑)

組み合わせは色々悩みましたが、血を離す事を考えると選択肢は狭くなり結構楽になりました。
次世代のことも考えながら決めましたが、結果はどうなるか全く分かりません(笑)
スポンサーサイト
[ 2013/04/16 15:39 ] 2013種親 | TB(0) | CM(22)

追加補強

いよいよですね!
何がって花粉のピークです(笑)
目はかゆいしのどの奥の方はむずがゆいしで、本当につらい時期になりました。
まだ私は鼻づまりがないだけマシですが。

ブリの方はあと少しでMAX温度の所まできました。
私は2日毎に1℃上げていきます。
これから徐々に動き始める幼虫も出てくるでしょう。

今年はすんなり蛹化して欲しいですが、きっと無理でしょうね。
ビン底でまったりしている奴、暴れが止まらない奴、蛹化しない奴(笑)
幼虫も色々個性がありますね。


と、前置きはこのくらいにして、実はhizoさんから強力な援軍が到着しました。
いつもいつも有り難うございます!

今回♀を4頭もお譲り頂きました。
どれも超がつくほどの♀ばかりですよぉ。


【能勢YG】
マサレッドさん(11年10番)・hizoさん コラボ
85.1(マサレッド09年2番)×51(866同腹) 53.5ミリ(85.8ミリ同腹)

マサレッドさん(11年2番)
85.4(マサレッド09年2番)×51.5(866A2) 52.0ミリ(86.5ミリ同腹)

hizoさん12年ライン
83.5(ギネス87.1ミリ同腹)×51(Gull10年2番) 49.5ミリ(強制早期羽化)

【久留米】
hizoさん11年ライン
83.0(メルリン10番)×51.6(マツノ8番) 52.5ミリ(85.4ミリ同腹)


もう一度すべてのラインを見直していますが、来期のブリードはちょっと凄いかも!?
まぁ飼育者次第でしょうね(笑)
[ 2013/03/11 10:18 ] 2013種親 | TB(0) | CM(26)

種親紹介 久留米編

世の中には妬み・嫉妬が渦巻いているとつくづく感じさせられます。
オオクワガタの世界にも以前から色々ありました。
公の場で批判する場合は明確な証拠が必要だと感じています。
これはこの業界に限った事ではない、至極当然の事ですけどね。


3月に入りいよいよ加温開始致しました。

正直ようやくここまで来たって感じです。
暴れるのも出るでしょうけど、今期は暴れたらすべてマットでかえします。

良くも悪くも結果が出るのはあと約3ヶ月後。
まだまだ長いですね(笑)


さて約1ヶ月に渡る種親紹介は今回の久留米2頭で最後になります。
お付き合いどうも有り難うございました(笑)

どちらもmasukoさんから幼虫を里子して頂き、我が家ででっかく羽化してくれた期待の星です。

久留米5番 84.6ミリ
846-2.jpg

久留米5番 83.0ミリ
830-2.jpg
ノギスの写真は取り忘れました(汗)
手に乗せただけの写真で84ミリだと言っても、本当かどうか判断できませんよね。。。

846は久留米らしくスラッとしていますが、83ミリの方は逆に太いです。
兄弟でも結構違いますね。

蛹体重はどちらも26gほどでしたが、スタイルの差でサイズはかなり変わります。
縦に出たか横に出たかって感じです。

♀はともかく♂は形状によってサイズにかなり差が出ますので、蛹体重だけを比較してもあまり意味がないかもしれませんね。

今期はトラブル以外では掘りません(笑)

久留米の種親は以上2頭だけです。
今期使用したみかんさん84ミリもなかなかの好成績なので、使おうか迷っています。

久留米は今のところ8ライン位を予定しています。


さあ来週は楽しみなイベントもあるのでそれまでモチベーション上げていこ(笑)
[ 2013/03/03 10:28 ] 2013種親 | TB(0) | CM(34)

種親紹介 能勢YG編最終章

いよいよ能勢YGの種親紹介もオーラスとなりました。

最後はやっぱりこの仔でしょう(笑)

コラボ3番 86.2ミリ
862-1.jpg
86upながらディンプルも少なく本当に綺麗な個体です。
顎はそれほど長くないのですが、とにかくボディがでかくて迫力があります。
大顎がもう少し長かったらもっとサイズを稼げたでしょう。。。

しかし37.3gからよく完品で羽化してくれたと思っています。
流石にお尻の入りには少し時間がかかりましたが、何とか綺麗に収まってくれました。

蛹室もそれほど大きくなかったので心配したのですが、あまり大きなのを作るのはかえって良くないみたいですよ。
862.jpg
冬眠明けもとにかく元気で、手に持つとがっしり掴んで離しません。

コラボ♂なので種付けも頑張ってもらいます。

能勢の種親は計♂4頭+数頭種付けお願いして、合計10ラインちょっと位の予定です。
ラインは大体決めましたが、組み合わせは幼虫採れたら発表します(笑)

さて次回は久留米編のスタートです。
久留米編は1回だけですが(汗)
[ 2013/02/23 10:32 ] 2013種親 | TB(0) | CM(30)

種親紹介 能勢YG編パート2

種親紹介第2弾です。
しばらくはこのネタで引っ張りますよ~(笑)

今回はコラボ4番ラインから2頭紹介したいと思います。

コラボ4番 84.3ミリ
843-2_R.jpg
前回の1番と比べると少し細く見えますが、頭幅は29.0ミリあります。
少しディンプルとしわが気になりますが、遺伝はしないので問題ないでしょう。

843.jpg
実は右顎の方が若干長く、こちらで測定すると85ミリ近くあります。
測定値は短い方の左顎で出しています。




コラボ4番 84.2ミリ
842-1.jpg
こちらは手放そうかとも思いましたが、予備♂として手元に残すことにしました。
頭幅は28.8ミリですが、美肌できれいな個体です。

842.jpg
幼虫体重34.8gから綺麗に羽化してくれました。
羽化当初は85ミリを軽く越えていたんですけどね(笑)
かなり縮んでしまいました。


コラボ4番は昨期平均値が最も高かったラインです。
残念ながら羽化は出来ませんでしたが、同腹で27.7gというビッグな蛹も出ています。

コラボ4番の詳しい血統背景はトシクワさんのブログをご覧ください(笑)
[ 2013/02/14 10:05 ] 2013種親 | TB(0) | CM(27)
プロフィール

エバクワ

Author:エバクワ
今年でブリ歴8年目です。特大サイズ目指してます。

幼虫管理データ
2015年
能勢YG
2014年
能勢YG
久留米
2013年
能勢YG
久留米
2012年
能勢YG
久留米
2011年
CYG88Hコラボ
能勢YG
久留米
祖父江
2010年
能勢847血統
能勢80系

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
QRコード
QR
検索フォーム
pictlayer


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。