国産オオクワガタの産地や血統をしっかり守り飼育しています。大型血統をメインに飼育しています。
月別アーカイブ  [ 2010年10月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

温度管理

この時期は朝晩の温度差が激しいので、温度管理に四苦八苦されている方も多いのではないでしょうか。
1部屋まるごとエアコン管理をされている方は、温度を均一にするのにいろいろ工夫されているようです。
温度差が激しいとこの時期嫌なアレがニョキニョキ生えてきますからね。
気をつけなければいけません(^_^;)

我が家は1部屋エアコン管理は無理ですので、子供部屋に自作の冷温室を置いています。
500リットルほどの容量で、3台のペルチェユニットを使って温度管理をしています。
この時期温室内はかなり安定していまして、温度差0.5度以内で推移しているようです。

そのペルチェですが、先日3台ある内の1台が突然壊れました。
数日前から冷えがよくないなとは思っていたので気をつけてはいたのですが、やはり故障していました。

1台壊れてもペルチェが2台あれば外気温-7~8度は可能ですので特に問題は無かったのですが、これが真夏だったらと思うとぞっとします。

ユニットは何度か組みなおしたりしたことがありますので、すぐに予備のペルチェ素子と交換をして1時間ほどで修復できました。
こういう時は自作の温室だと助かります、虫家ですと自分で修理は大変ですからね。
バージョンによって微妙に構造が違っていたり、ペルチェが固着しているようですので結構難しいみたいです。


さて外気温の低下に伴って、そろそろ飼育温度を下げられた方も多いのではないでしょうか。
我が家はといいますと、まだ夏温度で引っ張っています(^_^;)
2本目で出来るだけ大きくしたいとの考えですが、どうなのでしょうね。
いつ頃温度を下げはじめるかいろいろ考えていますが、ブリード歴が浅く過去のデータがありませんのでよく分かりません(笑)
皆さんは今何度くらいで飼育されていますか?

ここで失敗すると取り返しがつかなくなりそうで、慎重に管理したいですね。
スポンサーサイト
[ 2010/10/14 14:54 ] 2010年ブリード | TB(0) | CM(16)
プロフィール

エバクワ

Author:エバクワ
今年でブリ歴8年目です。特大サイズ目指してます。

幼虫管理データ
2016年
能勢YG
2015年
能勢YG
2014年
能勢YG
久留米
2013年
能勢YG
久留米
2012年
能勢YG
久留米
2011年
CYG88Hコラボ
能勢YG
久留米
祖父江
2010年
能勢847血統
能勢80系

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
QRコード
QR
検索フォーム
pictlayer


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。