国産オオクワガタの産地や血統をしっかり守り飼育しています。大型血統をメインに飼育しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今年1年有り難うございました

今年最後のブログ更新です。
今年はブログを通じていろいろな方と知り合うことが出来ました。
来年はクワ友さんとのいくつかの計画もありますので、今年以上に楽しい1年になりそうです。
こんなブログですが来年も絡んでやって下さい。

さて♀の交換も大体終わりました。
劣化の少ないボトルや食痕のないボトルは出来れば2本で羽化まで行きたいと思っています。
そんな中でまずまずのが出てきました。
能勢YG(81.0×50.5)No.1003-05 16.0g→16.8g
RIMG0036_R.jpg
♀って♂でいうとどのくらいになるんでしょうね。
私が思うのは・・・
♀15gは♂30g
♀16gは♂33g
♀17gは♂35g
♀18gは・・・分かりません(爆)
とこんな感じで思っています(^^;)

さて3週間前に詰めたボトルがやっと廻りました。
温室保管の方はすでに廻って使用していますが、常温だとどのくらい時間がかかるか気になりましたので玄関と外の物置に置いていました。
玄関
RIMG0038_R.jpg

外の物置の中
RIMG0039_R.jpg

さすがに常温だと結構時間がかかりました(汗)
ashtakaさん、キノコも生えず綺麗に廻りましたよ~。

KBさんの新外産を今回初めて詰めたのですが、菌の廻りも早いし今のところキノコも1本も生えていません。
なかなか使いやすくて気に入りました。
ぜひ来期主力で使いたいと思います。
それに比べてもう1つの方は菌も廻らず、キノコも凄いことになってます(怒)

今年1年有り難うございました!
こんなブログですが、来年もよろしくお願い致しますm(_ _)m
スポンサーサイト
[ 2010/12/28 09:00 ] 2010年ブリード | TB(0) | CM(32)

虫家VSワインセラー

メリークリスマス!
皆さんいいクリスマスをお過ごしですか?
私は仕事ですよ~。

さて先日の私の記事でワインセラーの購入を考えている方が予想以上に多いのにビックリしました。
本当は皆さんエアコン管理がしたいですよね!
でも家庭の諸事情等があって1部屋丸々ブリードルームにするのは難しいようです、私もそうです(笑)
今回は虫家かワインセラーのどちらを導入するか迷っている方の為に、我が家のワインセラーの現在の状況を紹介したいと思います。

実際虫家とワインセラー、どちらがいいのでしょうね?
私は色々な事情からワインセラーを導入しましたが、どちらも一長一短あると思います。

ワインセラーの購入を迷っている方は、虫家のように購入してすぐに飼育管理出来ないと言う事(ある程度の工夫が必要)、また虫家に比べて高額になってしまうのが不安材料ではないでしょうか。
逆に虫家の不安点はペルチェの能力(特に真夏の冷却能力)、また壊れやすくないか、後は収納能力などでしょうかね。

私は虫家は持っていませんのでここで能力を論ずる事は出来ませんが、昨年作成した自作冷温室はペルチェユニットを使って管理していますので、ペルチェのことはそれなりに分かっているつもりです。
確かにペルチェは壊れます(汗)
我が家の場合は2年で3回壊れました。
ただ予備のペルチェさえ用意しておけばすぐに交換が出来ますので、それほど問題とは思っていません。
あっ虫家が壊れやすいって言っているわけではありませんからね(^^;)

一番の問題はやはり冷却能力の面でしょう。
今年の夏は特に暑かったですから、設定温度を保つのに我が家だけではなく虫家で管理されている方も苦労されていると聞きました。
そこで冷蔵庫と同じ原理のコンプレッサー式のワインセラー導入となった訳です。

前置きが長くなりました(汗)ワインセラーMB-150Cです。
RIMG0026_R.jpg
MB-111Cと悩みましたが、少しでも大きいのが欲しかったためこれにしました。
ちなみにMB-111Cは110リットル、MB-150Cは150リットル、虫家は100リットルの容量となっています。
現在はガラス面に保温目的で断熱シートを貼っています。
光も入らないので幼虫には一石二鳥ではないでしょうか。

こんな感じで電子サーモの温度センサーを通しています。
RIMG0028_R.jpg
わかりづらいですがコード部分に微妙な隙間ができますので、ちょうどいい空気循環になって酸欠も心配ないと思います。(気密性は減ります)

こちらがその電子サーモです。
RIMG0032_R.jpg
コンセントが2つありまして、クーラーはワインセラーを、ヒーターはマルチパネルヒーターを繋いでいます。
設定の温度になるように、クーラーとヒーターを電子サーモでコントロールして温度管理をしています。
現在1日の温度差は約0.5℃前後とかなり安定しています。

中はこんな状態です。
RIMG0034_R.jpg
一番下の段にマルチパネルヒーター32Wを設置しました。
現在は早期羽化の幼虫と、菌糸の一時保管場所として使用しています。

800ccのボトルだけでしたら詰め込んで70本弱は入りますが、2本目以降♂のボトルを考えると実際の飼育数は40本前後だと思います。
ネックの価格も運良く中古ですが格安でゲットでき、トータルで虫家よりも安くすみました。それが目標でしたので(^^;)
収納も150リットルの容量で虫家よりもかなり入りますし、最悪棚を使わなければもっと入ります。
ただ通気のことを考えるとやはり棚は使った方がいいと思います。
[ 2010/12/25 12:15 ] ワインセラー | TB(0) | CM(25)

♂の交換はすべて終わりました

ちょっと仕事の方が忙しくなってきました。
皆さんのブログになかなかコメ出来ず申し訳ありません。

私はといいますとこの忙しい時期に胃腸風邪(ノロウィルス?)に感染してしまい、週末苦しんでいました。
どこで拾ったのか分かりませんが、家族で第1号となってしまいました。
幸い今のところ他には感染していませんので安心していますが、夜に食べにいった極上焼き肉をすべて吐いてしまい、実にもったいないことをしました(爆)

実は♂の交換は体調が悪くなる前にすべて終わっていたのですが、忙しくなかなかブログで紹介できませんでした。
我が家最大の♀が途中で♂に性転換していたり(T_T)、1頭尻かじりで★にしてしまったりといろいろありましたが、結果は♂40頭中、30upは6頭でした。
まあ我が家ではこんなものでしょう(汗)
1本目で★になったのが多く心配していましたが、2本目は今のところ尻かじり以外★はいませんでした。
29g台も結構いますので、後は羽化まで楽しみにしておきます。
幼虫管理データも更新しておきましたので興味のある方はご覧ください。

またうれしい話題もメールでいただきました。
我が家から今年飛ばした幼虫で33.8gになったと報告がありました。
里子先で大きくなっていると、とてもうれしいですね!
無事大きく羽化してもらいたいと思っています。

話は変わりますが、現在持っているデジカメは接写が弱くてもう少しクワに寄りたい!と思ってもなかなかピントが合わず苦労していました。
何とかオオクワをもう少しアップで撮りたいと思い、接写に強いデジカメを購入しました。
RIMG0044_R.jpg
なんと1㎝まで寄れるそうですよ(驚)
まあそこまでは必要ありませんが、今までよりかなり楽に撮影できそうです。
[ 2010/12/21 16:51 ] 2010年ブリード | TB(0) | CM(16)

やっと出た!

先日9日は長男の9歳の誕生日でした。
よりによってその日の夜、学校の役員会議と重なり母親が出なくてはならず悲しい思いをさせてしまいました。
帰宅は9時半!それから誕生日ケーキを切りました。
今年は重要な役にあたってしまいたびたび学校に呼び出されます。
子供の学校の為とはいえ、もう少し早く終わるようにしてもらいたいものです。

そして今週は次男の誕生日が控えています(汗)

さて交換もそろそろ大詰めになってきました。
途中幼虫の尻かじりで1頭★にしてしまいましたが、まあ小さかったのでヨシとしています。

今回は我が家で1本目30gUPした2本を交換してみました。
正直期待した幼虫に限って微減ばかりでしたので、期待半分・不安半分という感じです。

まずは1本目30.5gだったビンから交換しました。
食痕は少しだけですが、外からは大きな空洞が見えましたのでちょっとは期待出来るかな?

能勢YG血統(81.0×50.5)No.1003-04 1本目30.5g
P1020637_R.jpg
まずまずのが出てきました。
ココまで来れば減っていなければOKです。

次は1本目最大個体31.1gです。
こいつはビンの外から食痕が全く確認出来ませんでしたので、生存しているか不安でした。
でもその分期待出来るかも!?
しかし掘っても掘っても食痕すらありません。
あちゃ~★になったかな~と思っていたら・・・底の方から出てきました。

能勢YG血統(81.0×50.5)No.1003-02 1本目31.1g
P1020639_R.jpg
あれ?底の方で居食いはしていましたがこちらも微増ですね・・・。
まあ減っていなければOKです(パート2 汗)

今日は2本交換して2本とも大台突破は調子がいいぞ!
勢いにのってもう1本!
SouTaさんから飛ばして頂いた、1本目28.0gの個体です。
こいつもビンの外からは全く食痕がありませんでした。
今回も同じようにホジホジ・・・すると真ん中くらいで巨大な居食い部屋が現れました。

能勢YG血統(76.8×48.2)No.1010-02 1本目28.0g
P1020642_R.jpg
やった~やっと念願の33gUPが出ました!
このラインは種親は小さいですが、SouTaさんのところでも1本目32gが出ていますし、先日よしくわさんの早期羽化個体も♀13.2gから51UPが出ていましたね。

こんな凄い幼虫を飛ばして頂きSouTaさん、有り難うございました。
こんなことならもう少しもらっておけば・・・というのは冗談ですよ(汗)
[ 2010/12/14 17:51 ] 2010年ブリード | TB(0) | CM(18)

結構違いますねぇ

一気に寒くなってきましたね。
我が家でも交換はボチボチしております。
今のところ30gUPは3頭です、お見せするほどのでかさでもないので写真は撮っていません(汗)

さて先日初めてKBさんの菌床、新外産を詰めました。
今年最後の詰めの予定です。
12ブロック届きました。

噂には聞いていましたがLEVINと比べてかなりブロックが小さいです。
新外産は粗めとは聞いていましたが、ビックリするくらいではなかったです。
12ブロックでLEVINの10ブロックと同じくらいかな?

12ブロック詰めて、ハチミツ2000が6本、1400PPが6本、800PPが24本出来ました。

温室管理の方は詰めてから3日でかなり白くなっています。
P1020632_R.jpg
後2~3日で使えそうです。
これくらい菌が強いと安心して使用できますね。
今季使用した菌床は特に2本目の時に詰めたものが最悪で、菌が弱くなかなか廻りませんでした。
来期の菌糸は慎重に選びたいと思っています。

こちらは我が家で一番寒いと思われる玄関管理
テストで1本だけ。
P1020630_R.jpg
詰めた時の状態のままですね(笑)
やはりこの時期常温管理では時間がかなりかかりそうです。
後は外の物置にも1本置いています。
どのくらいの期間で廻るか来期に向けてテストです。

P1020627_R.jpg
こんな感じでワインセラーの一番下にヒーターを設置して、簡易温室として利用しています。
初めはピタリ適温にするつもりでしたが、心配でしたのでもう少しハイパワーのマルチパネルヒーター32Wを設置しました。
このくらいのワインセラーでしたらこいつで充分だと思います。
[ 2010/12/11 12:25 ] 2010年ブリード | TB(0) | CM(14)
プロフィール

エバクワ

Author:エバクワ
今年でブリ歴8年目です。特大サイズ目指してます。

幼虫管理データ
2016年
能勢YG
2015年
能勢YG
2014年
能勢YG
久留米
2013年
能勢YG
久留米
2012年
能勢YG
久留米
2011年
CYG88Hコラボ
能勢YG
久留米
祖父江
2010年
能勢847血統
能勢80系

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
QRコード
QR
検索フォーム
pictlayer


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。