国産オオクワガタの産地や血統をしっかり守り飼育しています。大型血統をメインに飼育しています。
月別アーカイブ  [ 2010年12月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

虫家VSワインセラー

メリークリスマス!
皆さんいいクリスマスをお過ごしですか?
私は仕事ですよ~。

さて先日の私の記事でワインセラーの購入を考えている方が予想以上に多いのにビックリしました。
本当は皆さんエアコン管理がしたいですよね!
でも家庭の諸事情等があって1部屋丸々ブリードルームにするのは難しいようです、私もそうです(笑)
今回は虫家かワインセラーのどちらを導入するか迷っている方の為に、我が家のワインセラーの現在の状況を紹介したいと思います。

実際虫家とワインセラー、どちらがいいのでしょうね?
私は色々な事情からワインセラーを導入しましたが、どちらも一長一短あると思います。

ワインセラーの購入を迷っている方は、虫家のように購入してすぐに飼育管理出来ないと言う事(ある程度の工夫が必要)、また虫家に比べて高額になってしまうのが不安材料ではないでしょうか。
逆に虫家の不安点はペルチェの能力(特に真夏の冷却能力)、また壊れやすくないか、後は収納能力などでしょうかね。

私は虫家は持っていませんのでここで能力を論ずる事は出来ませんが、昨年作成した自作冷温室はペルチェユニットを使って管理していますので、ペルチェのことはそれなりに分かっているつもりです。
確かにペルチェは壊れます(汗)
我が家の場合は2年で3回壊れました。
ただ予備のペルチェさえ用意しておけばすぐに交換が出来ますので、それほど問題とは思っていません。
あっ虫家が壊れやすいって言っているわけではありませんからね(^^;)

一番の問題はやはり冷却能力の面でしょう。
今年の夏は特に暑かったですから、設定温度を保つのに我が家だけではなく虫家で管理されている方も苦労されていると聞きました。
そこで冷蔵庫と同じ原理のコンプレッサー式のワインセラー導入となった訳です。

前置きが長くなりました(汗)ワインセラーMB-150Cです。
RIMG0026_R.jpg
MB-111Cと悩みましたが、少しでも大きいのが欲しかったためこれにしました。
ちなみにMB-111Cは110リットル、MB-150Cは150リットル、虫家は100リットルの容量となっています。
現在はガラス面に保温目的で断熱シートを貼っています。
光も入らないので幼虫には一石二鳥ではないでしょうか。

こんな感じで電子サーモの温度センサーを通しています。
RIMG0028_R.jpg
わかりづらいですがコード部分に微妙な隙間ができますので、ちょうどいい空気循環になって酸欠も心配ないと思います。(気密性は減ります)

こちらがその電子サーモです。
RIMG0032_R.jpg
コンセントが2つありまして、クーラーはワインセラーを、ヒーターはマルチパネルヒーターを繋いでいます。
設定の温度になるように、クーラーとヒーターを電子サーモでコントロールして温度管理をしています。
現在1日の温度差は約0.5℃前後とかなり安定しています。

中はこんな状態です。
RIMG0034_R.jpg
一番下の段にマルチパネルヒーター32Wを設置しました。
現在は早期羽化の幼虫と、菌糸の一時保管場所として使用しています。

800ccのボトルだけでしたら詰め込んで70本弱は入りますが、2本目以降♂のボトルを考えると実際の飼育数は40本前後だと思います。
ネックの価格も運良く中古ですが格安でゲットでき、トータルで虫家よりも安くすみました。それが目標でしたので(^^;)
収納も150リットルの容量で虫家よりもかなり入りますし、最悪棚を使わなければもっと入ります。
ただ通気のことを考えるとやはり棚は使った方がいいと思います。
スポンサーサイト
[ 2010/12/25 12:15 ] ワインセラー | TB(0) | CM(25)
プロフィール

エバクワ

Author:エバクワ
今年でブリ歴8年目です。特大サイズ目指してます。

幼虫管理データ
2016年
能勢YG
2015年
能勢YG
2014年
能勢YG
久留米
2013年
能勢YG
久留米
2012年
能勢YG
久留米
2011年
CYG88Hコラボ
能勢YG
久留米
祖父江
2010年
能勢847血統
能勢80系

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
QRコード
QR
検索フォーム
pictlayer


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。