国産オオクワガタの産地や血統をしっかり守り飼育しています。大型血統をメインに飼育しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

種♂が無事帰還しました

さて段々と暖かくなってきましたね。
我が家も来期に向けて、種親を起こし始めました。
全頭無事帰還しました、まずは一安心です。

能勢YG血統 83ミリも無事起きました^^
RIMG0119_R_20110225201436.jpg

この個体はこの写真のようにいつも舌を出しています。
大丈夫でしょうかね?詳しい方いましたらぜひ教えて下さい。

来期自己ブリ分2ライン、コラボで3ライン合計5回ペアリングを頑張って頂きます。


さてcamuzeさんやクワガエルさんからご質問?頂いていました、温室の循環用にPCファンを使う方法を我が家のやり方でご紹介したいと思います。

先日の記事で紹介したPC用ATX電源を使用してもいいのですが、バカでかいのでちょっと現実的ではありません。
そこで我が家では簡易的なAC-DC電源を使っています。
こちらのようなタイプです。

私はパソコンを自分で組みますのでPCパーツが結構余っていたりします。
我が家はたまたま他のパーツで使っていた物がありましたので、それを使っています。

このように直接電源とPCファンを繋げば動きますよ♪
R0010010_R.jpg

この方法でもいいのですが、さらに快適に使うためにファンコントローラーを間にかませます。
これは以前ミキハルさんも同じような形で紹介されていましたね。
我が家も同じ方式です。
ファンコンも家に転がっていた物を使っています(汗)
R0010012_R.jpg

裏はこんな感じ♪
元はパソコン用の部品ですのでこれ単体で使うとかなり不格好ですが、温室の上に置いてしまえば気になりません。
一番左が電源へ繋がるコネクタ、真ん中のコネクタはファンへ繋ぎます。
右の開いたコネクタは温度センサー用ですが、私は温度計を使っていますので使用していません。
R0010016_R.jpg

大きい温室でファンの配線が短い時には、このようにケーブルを延長してギボシで接続してやります。
プラスマイナスを間違えると動きませんよ~。
R0010018_R.jpg

このファンコンは4つまでファンをコントロール出来ます。
つまみを回してファンの回転(風圧)を調整します。
注意しないといけないのはファンコンは、PCファンの持つ回転数以上に上げることは出来ないと言うことです。(パソコン用ファンはいろいろな大きさ、回転数があります。回転数が大きいと風力は上がりますが音が大きくなります)
回転を落とす事は出来ますので、バランスを考えて購入するといいと思います。

温室での循環目的での使用でしたらそれほど風力は必要ないと思います。
我が家でもファンコンを一番絞って、かなり緩くファンを回していますが問題ありません。
R0010002_R.jpg

温室内の上下の温度差です。
下の16.8℃というのは外気温(室温)で上の温度計は温室の上段部、下は下段に設置しています。
180センチ以上ある温室の温度差はたった0.1℃です。
R0010007_R.jpg

温室内のファンは対角線上に上下2カ所です。
R0010019_R.jpg
R0010020_R.jpg

ついでに現在の冷温室の状況です。
観音開きの扉のように開け閉めできるようにしています。
現在は♂の菌糸ボトルと、一部の種親が入っています。
R0010023_R.jpg

現在冷温室にペルチェユニットは3台付いていますが、暖めるだけでしたら1台の稼働で十分です。

♂は3月に加温の予定でしたが、ちょっと考える事がありまして少し早めに加温開始しました。
この温度計は少し高めに出るようで画像では23℃になっていますが、実際は22℃です。
3月中旬までにはMAX温度までもっていきます。
スポンサーサイト
[ 2011/02/28 10:00 ] ブリード用品 | TB(0) | CM(22)

少し改造

次男のインフルエンザは1日で平熱へ戻りました。
皆様ご心配おかけしました(汗)
保育園は他の子にうつるといけないので今週いっぱいお休みです。
家の中で有り余るパワーを発散出来るか心配しております(^^;)

さてこちらは、今季種親予定の能勢YG 51.8ミリです。
まだ冬眠しています。


能勢YG 52.0ミリです。
RIMG0003_R.jpg
この個体達は今からある方々の所へ飛んでいきます。
皆さんお受け取りお願いしますね♪

さあいよいよ来期のブリードが始まりますね!
3月にはすべての種親を起こし、4月中にはすべてのペアリングを終えたいと思っています。

さて水曜日は休日だったのですが、次男が病欠でしたので1日家にいました。
折角出来た時間を有効に使おうと思い、以前から気になっていたちょっとした作業をしました。
以下は参考にならない方には全く無駄な情報ですので、気にしないでください(^^;)

我が家のペルチェの電源にはPC用電源(ATX電源)を改造したものを使っていますが、最近「コイル鳴き」をはじめてとても気になっていましたので、オクで中古の電源を購入して改造しました。

こちらは今まで使っていた電源です。
RIMG0123_R.jpg
ものすごい配線です(汗)
このように12Vの電源(黄色の線)を取り出して使用しています。

新しい電源はコネクタ式にしました(写真はすでに改造後です)
コネクタ式の利点はいらない配線は外すことが出来るので、とてもすっきりします。
RIMG0127_R.jpg

元はPC用の電源ですので、このまま使っても使えません。
このように右から4番目(緑の線)と3番目(黒の線)の配線を切り取り、繋げる必要があります。
RIMG0124_R.jpg

ペルチェ用の配線は用心のため2本よりにしてかしめています。
RIMG0125_R.jpg

私は念のためハンダを流しています。
12Vライン(黄色の線)を取り出しギボシを付けます。
RIMG0126_R.jpg

テスターで12V出ていればOKです。
RIMG0003_R_20110223201757.jpg

2本よりにした線にペルチェを繋げます。
普通に繋げると冷房運転、±逆にすると暖房運転に変わります。
他の配線はペルチェユニットを冷却するファン用に使います。

余った配線はPCファンを使えば温室内の循環用にも使用できます。
ファンのスピードが速い場合は5V(赤色の線)に繋げれば速度が落ちます。

我が家では循環用ファンはパソコン用ファンコントローラーに繋げて24時間循環させています。

オークションで探せばかなり安く手に入りますし、電源が1台あるとなにかと便利です。
家の中で車の部品(カーナビ等)を動かすことができたり、エアーガンやラジコン用充電器の電源などに使うことが出来ますよ(笑)
[ 2011/02/24 10:00 ] ブリード用品 | TB(0) | CM(16)

暴れの考察

次男が昨日から咳や鼻水をしていましたので、風邪かと思っていましたら今朝熱が出ました。
念のため医者にかかり調べてもらいましたらインフルエンザでした。
予防接種を受けていましたので今のところそれほど高熱は出ていませんが、まだ安心できません。
とうとう我が家にも来ました。
今は家族に広がらないか、戦々恐々しております(汗)

さてまずはこちらをご覧下さい。
先日交換した♀です。

No.1001-08(847血統)10/26 13.1g
RIMG0061_R.jpg
13.1gから14.1gでした。
実はこの仔は1本目15.5gあったのですが、2本目で暴れてしまい13.1gに激減した個体です。
1本目の15.5gには届きませんが、暴れで減った分を若干ですが戻していました。

2本目で暴れたボトルを今期交換するのは初めてでしたので、結果がとても気になっていた個体です。

我が家でその他暴れた個体の交換結果です。
No.1001-02 13.2g(1本目暴)→11.9g
No.1002-19 10.6g(1本目暴)→11.7g
No.1003-21 11.9g(1本目暴)→13.6g
No.1004-05 12.7g(1本目暴)→14.1g
No.1005-08 13.9g(1本目暴)→14.2g
No.1005-12 12.4g(1本目暴)→14.0g

暴れで交換して、その後また交換したボトルのみですのでサンプルは少ないです(う~ん伝えにくい・・・)
そのため2本目以降に暴れた個体は画像の個体だけで、後はすべて1本目に暴れた個体です。

1001-02はなぜか減っていますが、ほとんどの個体は増えていました。
同腹ラインでも、暴れていない個体より逆に大きくなっている奴もいます(^^;)

2本目以降暴れた個体のサンプルが少ないことや、今回すべて♀の結果だけですのでおかしな事は言えませんが、暴れてもその後しっかり戻している個体が多いことが分かります。

今まで暴れたら終わりと思っていましたが、どうやらこのようにしっかり戻してくる個体もいる事がはっきり分かりました。
特に早い段階での暴れはその後充分回復する可能性があるようです。

ある有名なブリーダーさんに先日お聞きしたのですが、3本目暴れてしまい27gだった個体が84㎜で羽化してきたと聞きました。
その個体は一度も30gUPしなかったそうです。

これが体重だけでは計れない幼虫の資質なんでしょうね。
[ 2011/02/21 11:32 ] 2011年ブリード | TB(0) | CM(14)

数本交換

例の劣化ボトルの交換を数本しました。
小さい幼虫ばかりですが、自分の備忘録的なものですのでご了承くださいm(_ _)m

No.1005-13(YG80系) 12/6 27.5g
RIMG0057_R.jpg

No.1003-16(YG80系) 12/1 28.2g
RIMG0058_R.jpg

No.1001-11(YG847) 12/1 26.3g
RIMG0059_R.jpg

No.1005-05 12/4(YG80系) 30.9g
RIMG0060_R.jpg

もう1頭は小さいので写真取りませんでした。
No.1002-02(YG847) 12/1 24.1g→24.7g

ほとんどの個体は微増でした。
ただ一番増えていて欲しい30.9gは28.2gにダイエットしていました。。。

♀の方は現在23℃で徐々に加温しています。
あと数日で26℃まで上げます。
♂は2月下旬~3月に入ってから加温開始します。
[ 2011/02/18 15:23 ] 2011年ブリード | TB(0) | CM(20)

加温開始

まだまだ寒い日が続きますね。

東京でも雪が降ったとかでテレビで大騒ぎしていましたが、都心で雪が降ると交通もマヒしてしまい大変ですね。
スタッドレスやチェーンが売り切れたと聞いてびっくりしました。

さてそろそろ加温開始されている方もいらっしゃいますが、我が家も♀の加温を開始しました。
3日毎に1℃上げて最終的に26℃まで上げる予定でいます。

♂は3月に入ったら加温開始する予定です。

来期のブリードも控えていますので♀は5月中、♂は6月中には羽化してもらいたいですが、最悪蛹化してしまえば後は常温で管理します。

セミ化だけは避けたいですが、今期は最低でも19℃までしか下げていませんので一寸心配です。。。
昨年は20℃以下には下げませんでしたが、それでもセミ化した幼虫はいませんでしたので多分大丈夫だとは思いますが・・・個体差もありますからどうなるか分かりませんね。

成虫も3月に入ったら起こす予定です。
2月下旬には種付けをお願いする♀の発送が控えていますが、冬眠したまま発送します(汗)

4月中にはすべてのペアリングを終えて、5月に産卵セット、5月下旬~6月上旬には1回目の割出予定です。
今年も事故無く、無事産卵まで持っていきたいですね。
[ 2011/02/12 10:26 ] 2011年ブリード | TB(0) | CM(18)
プロフィール

エバクワ

Author:エバクワ
今年でブリ歴8年目です。特大サイズ目指してます。

幼虫管理データ
2015年
能勢YG
2014年
能勢YG
久留米
2013年
能勢YG
久留米
2012年
能勢YG
久留米
2011年
CYG88Hコラボ
能勢YG
久留米
祖父江
2010年
能勢847血統
能勢80系

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
QRコード
QR
検索フォーム
pictlayer


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。