国産オオクワガタの産地や血統をしっかり守り飼育しています。大型血統をメインに飼育しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

またまた行ってきました

今年3回目になりますマツノツアーに行ってきました。

マツノさんにお邪魔するのも目的ですが、今回のメインはオフ会と言った方がいいのかもしれません。
いつものメンバー(失礼!)に加え、3名の方をお迎えして合計10名という大人数でのオフ会となりました。

しかもその3名というのがビックな方ばかりです。
いつもお世話になっているmasukoさんに加え、今回はmasukoさんにお願いしてメルリンさんにもご参加いただきました。
また関東組からはマサレッドさんという超豪華な面々です。

まずはいつものファミレスで集合し、軽く食事をしてからマツノさんへ行きました。
マツノさんでメルリンさんと合流したのですが、そこで先日材割りで採集した大歯のワイルドと幼虫を見せていただきました。

コクワとオオクワ幼虫の同定法を教えていただきましたが、なかなか難しいですね。
このあたりは経験の部分も大きいと思います。
でもワイルドの大歯はブリード個体とはまた違うかっこよさがありましたよ。

マツノさんでは一部の方が久留米の補強をしたようですが、そのうちブログでアップされるでしょう(笑)

その後はまたファミレスへ戻りクワ談義大会です(笑)
メルリンさんには採集やブリードのお話、いろいろ聞いてしまいました。
自分が考えていたことと違った新たな発見もあり、やっぱりメルリンさんは凄いです。

今回はGullさんとメルリンさんの目の前でしたので、御2人とかなりじっくりお話ができました。
逆にマサレッドさんとは少し離れた場所に座ったこともあって、もう少しお話がしたかったですね~。

しかし内容は回数を重ねるごとに過激になっていきます。
メルリンさんがびっくりされていましたよ(笑)
ブリードは本当に奥が深いですね。

それからGullさんとマサレッドさんが1本目で出した巨大幼虫はやはり話題の中心でしたね。
2本目以降でどうなるか、これは興味津々ですよ(^_^)

でもやっぱりオフ会は楽しいです。
実はツアーの前に風邪を引いてしまい、1週間微熱が続いて体調もあまり良くなかったのですが、気合いで参加してきました。
なかなか皆さんとお会いする機会もないですからね、と思ったら同じような方がいてクワガエルさんもcamuzeさんも、みな体調が悪そうでした(汗)
前回の台風の中もすごかったですが、そんな状態でも来てしまう我々はやっぱりクワ馬鹿ですね(爆)

しかし終わったばかりなのにすでに次回の話も出ているとか出ていないとか(笑)
また来年ぜひやりましょう!
参加していただいた皆さん、有り難うございました。
スポンサーサイト
[ 2011/11/27 20:49 ] 2011年ブリード | TB(0) | CM(18)

早期羽化作戦その後

強制早期羽化ですが、現在4頭試みております。

1頭は失敗、もう1頭も微妙でしたが2頭の蛹化を確認できました。

1番 83.0×52.7 19.0g
コラボ3番 81.5×50.0 18.1g

この2頭は蛹化しました!
どちらもしっかり♀でしたので安心しました(爆)

コラボ3番の方は暴れて蛹化したので、サイズは微妙かもしれません(ボトルがPPなので見にくい)
また1番の19gは蛹化しているのは間違いなさそうですが、中が全く見えないので余計気になります。

気になったら掘れ!と誰かに聞きましたので、掘っちゃいました(笑)

1番 83.0×52.7 19.0g
R0011111_R.jpg

コラボ3番 81.5×50.0 18.1g
R0011114_R.jpg

どちらもまずまずなサイズで安心しました。
早期羽化なのでどうなるか分かりませんが、今年の実績で考えると52ミリ前後でしょうか。
52ミリ超えてくれればうれしいです!

時期的にも来年充分使えますので、なんとか無事羽化して貰いたいですね。
[ 2011/11/15 08:05 ] 2011年ブリード | TB(0) | CM(20)

少しだけ交換

8月にカビで2ヶ月交換を余儀なくされた2本を3本目に交換しました。

食痕もそれほど広がっていませんでしたし外から見た菌糸の状態はとても良かったのでもう少し引っ張ろうと思ったのですが、少し掘ったところ中はかなり食い荒らされていましたので交換して正解でした。

コラボ4番 ♂80.2mm×♀51.7mm

6/20 BM800
8/15 SK1400 21.7g
11/8 SK1400 35.0g
頭幅13.5mm

いきなり1本目から35gが出ました。
やはりこのラインは体重が乗ってきます。
頭幅もありますし後は体重通りのサイズで、無事羽化してくれるのを願うばかりです。

もう1本はコラボ2番 ♂83.0mm×♀51.0mm
6/17 BT800
8/15 SK1400 19.8g
11/9 SK1400 28.8g
頭幅11.9mm

こちらは頭幅もそれほどありませんし、まあこんなものでしょう。

この2本は1月中旬にもう1度交換して4本返しにする予定です。

♀は暴れが少し出ていますし、早期羽化も1頭出てしまいました。
♂の方は今のところいい状態で管理できていますので、12月中旬からの本格的な交換が待ち遠しくなりました(笑)
[ 2011/11/10 10:00 ] 2011年ブリード | TB(0) | CM(16)

ノギスの誤差(後日談)

早いものでもう11月ですね。
クワの方は2本目の交換もすべて終わり、12月まではやることがなくなりました。

菌糸不足もメーカーによっては出ているようですが、幸い3本目様の菌糸も無事確保できました。
クワ人口はそれほど増えていないと思うのですが、人気のメーカーに集中しているのが原因だと思われます。
メーカー側もある程度需要を見込んで仕込んでいると思いますので、急に増えても対応できないのでしょうね。
来年も同じ様な状況は変わらないかもしれません。


さて以前クワノギスの測定誤差の日記を書いたところ、あちこちで思わぬ反響があったようでびっくりしました。
皆さんノギスを疑うという事はないと思いますから当然かもしれません。

先日waizuさんの日記にも取り上げられたようですが、幸いwaizuさんのクワノギスは誤差がなかったようで安心しました。

実は日記を書いた後の後日談がありまして、そちらを報告をするのを忘れていました(汗)
waizuさんの日記を拝見して思い出しました(笑)

後日談とはクワノギスの誤差を販売元ミツトヨさんに相談した所、なんと自宅まで見に来て頂きました。
さすが大手メーカー、アフターサービスもすばらしいです(^_^)

早速測定器具で診断したところ、私のノギスは中心部で-0.2ミリ、先端部で-0.3ミリの誤差がありました。
私の簡易測定よりは小さな誤差でしたが、やはりクワノギスは少なからず測定誤差があるとの事です。
もちろん説明書にも器差±0.5ミリ以内と表示されていますので、商品としては問題がないという事でした。

ちなみにメーカーの方に何を測るのですか?と聞かれ、クワガタですと言うのはちょっと勇気がいりましたが(笑)
元々は果物を測定する物の様ですね。
その後数十万のノギスを紹介されましたが、丁重にお断りしました(爆)

メーカーの方曰く、できるだけ中心部で測定してくださいとのことです。

使用される方は自分のクワノギスがどのくらいの誤差があるのか、一度確認してから使われた方がいいと思います。
[ 2011/11/01 12:27 ] ブリード用品 | TB(0) | CM(22)
プロフィール

エバクワ

Author:エバクワ
今年でブリ歴8年目です。特大サイズ目指してます。

幼虫管理データ
2016年
能勢YG
2015年
能勢YG
2014年
能勢YG
久留米
2013年
能勢YG
久留米
2012年
能勢YG
久留米
2011年
CYG88Hコラボ
能勢YG
久留米
祖父江
2010年
能勢847血統
能勢80系

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
QRコード
QR
検索フォーム
pictlayer


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。