国産オオクワガタの産地や血統をしっかり守り飼育しています。大型血統をメインに飼育しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最近思うこと 追記あり

最近オークションでも能勢YGの幼虫がたくさん出るのを見かけるようになりました。
昨年よりも価格が大分落ち着いたみたいで、皆さんYGを気軽に飼育できるようになりました。

ところでオークションの幼虫は本物かどうかというのは皆さん気にされると思います。
でもそれは出品者しか分からないことなので、少しでも疑惑を感じたら購入しないのが一番です。
また疑惑の個体はブリしない、これはブリーダーとして最低限のモラルだと思います。

幼虫は採れれば採れただけ販売できますし、ましてやそれが偽物ならこんな簡単な小遣い稼ぎはありません。
そんな疑惑の幼虫を購入しないのは当たり前のことなので、このようなクワブログを見るような皆さんでしたらよくご存じですよね。

またよく聞きます。
オークションで買った幼虫は大きくならないと。
それもそのはずです、偽物である可能性が高い上にたとえ本物でも搾り取ったような幼虫は「大きくなりにくい」と思います。
ですので幼虫をオークションやブログ等で沢山販売している人からは、たとえ名の通った方でも私は決して購入しません。

私も余剰幼虫はオークションで出品しますが、販売目的では産卵させません。
幼虫販売の問い合わせをたまに頂きますが、飼育予定数オーバーのラインしかお譲りできません。
予約販売の為に産卵セットを組んだりしませんので、ご了承願います。
必要以上に採っても大きくなる可能性は低いと思いますし、せっかくなら少しでも大きくなってもらいたいですからね!

血統や種親サイズだけでなく、今後はどのくらい産卵させているかも考慮に入れた方がいいかもしれません。

純粋にブリードを楽しむ方が増えてくれれば嬉しいですね。


さてコラボ4番37gが先日蛹化しましたが、ビン越しに見える蛹の状態はあまりよくありません。
どうせ駄目ならと掘ってみました。
R0011619_R.jpg
MAXさんほどではありませんが、デカイです(笑)
27gの蛹ははじめてみました。

やはり結構ひどい顎ずれに後足もクロスしていました。
また翅の収まりも悪そうに見えましたので、おそらく羽化不全でしょう。
ちなみに頭幅31ミリほどありました。
羽化したら30ミリ前後にはなったと思います。

そして同じコラボ4番で34.9gも蛹化しましたが、蛹化当初は綺麗に見えたのですが一部黒く変色しているのを発見してしまいました。
掘ってみましたが、翅の所から体液がもれていました。
きっと蛹化時に傷ついてしまったのだと思います。
こちらも結構大きな蛹でしたので残念です。。。

他のコラボ4番は綺麗に蛹化していますのでそちらに期待します。
ビン越しですが頭が大きく見えましたので、きっといいのが出てくれると信じています(笑)

この2頭は残念ですが、コラボ4番のポテンシャルが分かっただけでも収穫ですね。



4/29 追記
今回の記事に関し、一部ご迷惑をおかけした方、お詫び申し上げます。
まずお断りさせて頂きますが、すべての幼虫出品が駄目だと言っているわけではありません。
今回はブリードを始めたばかりの方に幼虫購入のリスクを分かって頂きたかったのと、偽物が少しでも無くなればと思い批判覚悟で書きました。
真剣にブリードされていて気分を害された方、申し訳ありませんでした。
スポンサーサイト
[ 2012/04/27 20:12 ] 2012年ブリード | TB(0) | CM(28)

一段落・・・

祭りも無事終わりました。
とても疲れましたがリフレッシュ出来ました。

この日のために子供は毎晩太鼓の稽古、大人はからくりの練習(飲み?)をしてきました。
日曜日は生憎の雨で中止になってしまいましたが、土曜日は朝から夜まで1日フルで出来ましたので子供達も楽しかったようです。

我が町内自慢の山車


結構賑わっています
IMG_0131.jpg

山車以外にも、こんなあんどんが30基以上参加します。(※以前の画像)
色々な団体が毎年違うあんどんを手作りで参加しています。
TOP3には賞金も出ますので、皆気合いが入っています。
2008anndonn-1.jpg
200804toku.jpg

昨年は震災の影響で中止になってしまい残念でしたが、やっぱり祭りは楽しいですね!

さて我が家のブリードは♂も♀も蛹化ラッシュを迎えています。

期待のコラボ4番37gも蛹化しましたが、ビン越しなので見にくいですが後ろ足がクロスしていて顎ずれもあるようです。
翅の収まりも悪そうに見えましたので、たぶん完品羽化はしないでしょう。
大きくみえますが、仕方がないですね、残念です。

蛹化のタイミングは兄弟で同じような動きをしています。
YGでは同じコラボ4番の33g、34.9gが蛹化しました。
こちらは綺麗な蛹でしたので、とりあえずは大丈夫そうです。

後は祖父江もほとんど蛹になりました。
祖父江は初めての飼育なので、今後のデータ取りのために積極的に掘っています。
幼虫体重30g位だと大体蛹23g台位の感じですね。
ここから羽化サイズがYGと比べてどう変わってくるか、少し興味があります。

今の所一番大きい祖父江はこちら。
R0011618_R.jpg
HSさんからの里子、暴れて最終体重32.3gだった幼虫です。
頭幅は29.5ミリ程でしたので、羽化したら28ミリ中盤位でしょうか。
祖父江はもう1頭24g位のがいました。

祖父江は羽化サイズも大事ですが、それ以上にかっこよく羽化してもらいたいですね。
[ 2012/04/23 12:25 ] 2012年ブリード | TB(2) | CM(14)

徐々に蛹化

ここのところ忙しく、なかなか日記を書くことが出来ません。
仕事以上に地元のお祭りなどの行事ごとが立て込んでおります。
毎夜稽古をして酒を飲みますのでフラフラです。

さて我が家でも徐々に蛹化し始めています。
♀も♂も羽化ラッシュは5月下旬~位になりそうです。

中が見えないボトルは軽くビンを振り、蛹化しているとコロコロ転がる感じがするのでそうして判断しています。
逆に振ってコロコロしなくなったら羽化していると判断します。

蛹はデリケートなのでなるべくビンを触らない方がいいと思いますが、今までそれが原因で落ちた事はありません。
もちろん強く振りすぎは駄目ですよ(笑)

ちなみに昨年の話ですが、私の不注意で蛹を傷つけてしまったことがありまして、少し体液が出てしまったことがあります。
てっきり★になると思ったのですが、なんと何事もなかったように無事羽化しました。

また羽化直前の蛹は殻が割れて体液が出てきますが、その状態でも触った事がありますがそれも問題なく羽化しました。
ですので私の中では蛹は結構強いイメージがあります。
でも決して真似はしないでください(^^;)

さてペアリングの方ですが、今年も事故もなくほぼ予定通り終わりそうです。
1頭だけ早期羽化♀がペアリング出来ているかどうも心配ですが、後回しにして最後にもう一度だけペアリングさせようと思っています。

友人に種付けをお願いした♀も続々帰ってきています。
今年はサイズだけでなく血統背景、また昨年実績のある♂が多いので楽しみです。

組み合わせは幼虫が無事採れたら発表したいと思います。
果たして何ラインになるでしょうか(汗)
[ 2012/04/17 10:04 ] 2012年ブリード | TB(0) | CM(8)

近況報告

ペアリングは今の所順調に進んでいます。
久留米840と能勢YG823(866直仔)は現在3♀とペアリングが終わりました。

久留米の交尾は確認出来ていないのですが、能勢は交尾しているのをばっちり確認しています。
どの♀ともエサ皿の下で仲良くしていましたので、事は無事終わっていると思います。

早い方では産卵セットを組んでいる方もいるようですが、私は6月中旬にビンへ投入出来ればいいので早くても連休過ぎくらいのセットになると思います。

ただ♂に種があるかどうかはやっぱり心配ですね。
試験的にセットを組んでもいいのですが、時季外れの幼虫は採りたくないのと、もし♂に問題があったらそのラインは全滅で結局諦めるしかないのでぶっつけ本番で行きます!
私も早く幼虫の顔を拝みたいです(笑)

それからブリ幼虫の方はMAX温度になって約3週間、蛹室を作成しているビンが多くなりました。

まだ蛹化しているのはいませんが、1頭だけ866同腹直仔が蛹化していました。
気になって掘ってみましたら、蛹体重14.5gのかわいい♂でした(笑)
なかなかここまで小さいYGも珍しいので、大事に羽化まで見守りたいと思います。
この♂には子供の夏休みの研究題材になってもらおうと思っております(爆)

他ではコラボ4番の37gがビンの直径端から端まで使った大きな蛹室を作成しています。
逆にコラボ3番の37gは全く食痕がありませんので、心配しています。

そのコラボ3番でHSさんのところで早期羽化したビッグな♂ですが、あれからしっかり測定したら83.9ミリあったそうです(クワノギスはやっぱり小さい方にぶれます)
羽化から約2ヶ月が経過していますので、この数値でほぼ固まったと思います。
頭幅も結構あるみたいで、かなり楽しみなラインです。

今年は暴れもかなり出てしまいました。
どうも大型の幼虫の方が暴れやすい気がします。
昨年はほとんど暴れませんでしたので(笑)

逆に♀は小さくても大きくても関係なく暴れています(笑)
暴れると言うことは蛹室作成の準備段階だと思っていますので、セミ化せず温度管理が順調に行っている証だと前向きにとらえます。
[ 2012/04/05 16:25 ] 2012年ブリード | TB(0) | CM(16)
プロフィール

エバクワ

Author:エバクワ
今年でブリ歴8年目です。特大サイズ目指してます。

幼虫管理データ
2015年
能勢YG
2014年
能勢YG
久留米
2013年
能勢YG
久留米
2012年
能勢YG
久留米
2011年
CYG88Hコラボ
能勢YG
久留米
祖父江
2010年
能勢847血統
能勢80系

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
QRコード
QR
検索フォーム
pictlayer


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。