国産オオクワガタの産地や血統をしっかり守り飼育しています。大型血統をメインに飼育しています。
月別アーカイブ  [ 2012年04月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

近況報告

ペアリングは今の所順調に進んでいます。
久留米840と能勢YG823(866直仔)は現在3♀とペアリングが終わりました。

久留米の交尾は確認出来ていないのですが、能勢は交尾しているのをばっちり確認しています。
どの♀ともエサ皿の下で仲良くしていましたので、事は無事終わっていると思います。

早い方では産卵セットを組んでいる方もいるようですが、私は6月中旬にビンへ投入出来ればいいので早くても連休過ぎくらいのセットになると思います。

ただ♂に種があるかどうかはやっぱり心配ですね。
試験的にセットを組んでもいいのですが、時季外れの幼虫は採りたくないのと、もし♂に問題があったらそのラインは全滅で結局諦めるしかないのでぶっつけ本番で行きます!
私も早く幼虫の顔を拝みたいです(笑)

それからブリ幼虫の方はMAX温度になって約3週間、蛹室を作成しているビンが多くなりました。

まだ蛹化しているのはいませんが、1頭だけ866同腹直仔が蛹化していました。
気になって掘ってみましたら、蛹体重14.5gのかわいい♂でした(笑)
なかなかここまで小さいYGも珍しいので、大事に羽化まで見守りたいと思います。
この♂には子供の夏休みの研究題材になってもらおうと思っております(爆)

他ではコラボ4番の37gがビンの直径端から端まで使った大きな蛹室を作成しています。
逆にコラボ3番の37gは全く食痕がありませんので、心配しています。

そのコラボ3番でHSさんのところで早期羽化したビッグな♂ですが、あれからしっかり測定したら83.9ミリあったそうです(クワノギスはやっぱり小さい方にぶれます)
羽化から約2ヶ月が経過していますので、この数値でほぼ固まったと思います。
頭幅も結構あるみたいで、かなり楽しみなラインです。

今年は暴れもかなり出てしまいました。
どうも大型の幼虫の方が暴れやすい気がします。
昨年はほとんど暴れませんでしたので(笑)

逆に♀は小さくても大きくても関係なく暴れています(笑)
暴れると言うことは蛹室作成の準備段階だと思っていますので、セミ化せず温度管理が順調に行っている証だと前向きにとらえます。
スポンサーサイト
[ 2012/04/05 16:25 ] 2012年ブリード | TB(0) | CM(16)
プロフィール

エバクワ

Author:エバクワ
今年でブリ歴8年目です。特大サイズ目指してます。

幼虫管理データ
2015年
能勢YG
2014年
能勢YG
久留米
2013年
能勢YG
久留米
2012年
能勢YG
久留米
2011年
CYG88Hコラボ
能勢YG
久留米
祖父江
2010年
能勢847血統
能勢80系

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
QRコード
QR
検索フォーム
pictlayer


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。