国産オオクワガタの産地や血統をしっかり守り飼育しています。大型血統をメインに飼育しています。
月別アーカイブ  [ 2012年05月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

神秘な力

前回の日記ではやはりといいますか結構反響がありました。
何人かのブリーダー様とは直接相談させて頂き、またアドバイス等も頂きまして本当に有り難うございました。
やはり皆さんクワ業界をより良くしていきたいと考えているのは共通しています。

今回の件で私のまわりのクワ友さんは真剣にブリードをしている素晴らしい方ばかりだと改めて感じました。
一部の詐欺師(多分ごく少数でしょう)のために真面目にやっているブリーダーまで疑惑の目で見られてしまうのは本当に残念な事ですね。。。


さて今回友人で興味深い事を経験された方がいましたので、紹介したいと思います。

昨年の事です。
友人のHSさんから死んだはずの♀が生き返ったという話を聞き、まさかと耳を疑いました。
その時はそんなことあるわけね~って心の中で思いましたけどね(HSさんこんな感じでいいですか?笑)
しかもその♀がまた★になり、そして数日後にまたまた生還したそうです。
驚くべきはその後なんの問題もなく無事産卵したということです。

正直その時は半信半疑でしたが、つい先日別の友人の所で全く同じような事が起こりました。

今度はクワガエルさん宅の話です。
ペアリング後ゼリーを爆食していた次の日になぜか急に★になってしまい、3日後に処分しようと思ったらなんと生き返っていたと言うことです。

クワガエルさんが気になって調べてみたところ、仮死状態になることがまれにあるらしいです。
私もオオクワガタ 仮死状態でググると色々出てきました。
なるほど勉強になります。
まだまだ知らないことが多いですね。

共通して言えるのはどちらも♀だったと言うこと、またペアリング後にそのような仮死状態になったと言うことですね。

ひょっとして常識ですか?(汗)
我々が知らないだけだったりして(笑)

これからは★になっても1週間は処分せずに置いておこうと思います(笑)
スポンサーサイト
[ 2012/05/01 18:43 ] 2012年ブリード | TB(0) | CM(28)
プロフィール

エバクワ

Author:エバクワ
今年でブリ歴8年目です。特大サイズ目指してます。

幼虫管理データ
2016年
能勢YG
2015年
能勢YG
2014年
能勢YG
久留米
2013年
能勢YG
久留米
2012年
能勢YG
久留米
2011年
CYG88Hコラボ
能勢YG
久留米
祖父江
2010年
能勢847血統
能勢80系

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
QRコード
QR
検索フォーム
pictlayer


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。