国産オオクワガタの産地や血統をしっかり守り飼育しています。大型血統をメインに飼育しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

飼育容器の比較

皆さん、こんにちは。

最近幼虫を飼育するボトルについて考えています。
ほとんどの幼虫飼育に皆さんはPPかクリアボトル、またはビンを使用していると思います。

私はもっぱらPPボトルを使用しています。
ブリードはじめた当初は中が見やすいと理由から、クリアボトルを使っていました。
今は中の幼虫はブリード当初よりあまり気にならなくなりましたので全てPPに変更しています。

最近仕事の都合上、材質による酸素透過性・防湿性の違いを勉強していました。
その過程でPPとPETやビンの事も何となくですが分かってきました。

まずPPですが正式名ポリプロピレンと言います。
特徴は価格が安い、防湿性に優れている、酸素透過率が高い(酸素をよく通す)

比較してクリアボトルはPETで出来ています。
ペットボトルと言われるジュースの容器と同じ材質ですね。
正式名ポリエチレンテレフタラートと言います。
PPと比較して単純に価格は少し割高、防湿性は少し低い、酸素透過率は低い(酸素を通しにくい)

ビンは価格が高い、酸素透過、透湿は全くなし

以上の事が分かりました。
ただ色々な複合要因もありますのでこんなに単純ではないと思います。

食品は酸素を通すと酸化が始まり劣化が進みますので、酸素を嫌うものがほとんどです。
その為、酸素透過性の低い材質を使ったり、脱酸素剤の使用、また酸化防止剤を混入したりして酸化を防ぎます。

ペットボトルは酸化透過率が低いので、中のジュースの酸化を防ぐ意味で普及しているのだと思います。
実際にはキャップからも酸素は透過してしまうのですが、酸化防止剤なども入れて酸化を防いでいます。

食品とは違って幼虫には酸素は必要ですし、酸素透過は高い方が良さそうですね。

話がそれてしまいましたが、PPとPETとビン、ブリードにはどれが適しているのでしょうか?
防湿性の高さではビンとPPが良さそうですし、酸素透過性ではPPが一番です。

まあ実際にはフタはPPでしょうし空気穴が空いていますので、そこまでの差はないかもしれません(汗)
スポンサーサイト
[ 2012/09/25 16:07 ] 2012年ブリード | TB(0) | CM(16)

続・交換中!

交換もまだまだ続いています。
ようやく3分の1は過ぎました。
今年は大きな幼虫も少なくモチベーションも下がり気味でしたが、いいのも出てきましたので紹介したいと思います。

能勢YG 5番 ♂83.3mm×♀53.5mm
約90日で交換
DSC00059_R.jpg

能勢YG 11番 ♂80.2mm×♀50.0mm
約89日で交換
DSC00054_R.jpg

能勢YG 11番 ♂80.2mm×♀50.0mm
約89日で交換
DSC00052_R.jpg

最後の35gは頭が見えた瞬間デカイと感じました。
頭幅は昨年の最大と同じ13.7ミリです。

この11番はHSさんからの里子です。
昨年良かったコラボ4番の♂80.2ミリに86ミリが出たコラボ3番の早期羽化♀をかけたラインです。
このラインはいいですね!
HSさんの交換結果も楽しみにしておりますよ~。
[ 2012/09/21 11:40 ] 2012年ブリード | TB(0) | CM(18)

マツノ久留米の補強

交換も80本ほど終わりました。
今年は温度を下げた影響か、全体的にあまり体重が乗っていません。
能勢も久留米も小さいです。

30gUPも出ていますが、なんだか小さく感じます(笑)
大きくなるのはここから伸びると思いますので、3本目への交換の時の楽しみにとっておきたいと思います。

交換の日記はあまり書くことがないので、マツノさんで補強した個体の紹介でもしたいと思います。

土曜日にまたマツノさんに行ってきました。
参加者はcamuzeさん、きくまるさん、Gullさん、HSさん、私の計5名でした。
このくらいの人数ですと松野さんでゆっくり個体も選べますしお話も出来ますね(笑)

その後はいつものファミレスでだらだらとオフ会してきました。
話題の中心はGullさんの1本目の体重の乗りでした。
秘密の粉でも使っているんじゃないかと思い、何とか聞き出そうとしましたが何もなかったです(爆)

流石にツアーも5回目ともなると緊張感も全くなく、アホな話題ばかりですいませんでした(汗)
でもとても楽しかったです。

では補強個体の紹介(笑)
DSC00044_R.jpg
こちらは前回のマツノツアーで補強した11番の♀です。
同腹で83UPが出ています。

DSC00042_R.jpg
今回購入した86ミリが出ている8番です。
運良くGetすることが出来ました。
表記サイズは52ミリですが、53ミリありました。

久留米は後3♀補強しています。
なんだか今年は久留米ばかり補強しています。
能勢の補強は1♀だけですから。

そちらの方はまた次回紹介させて頂きます。
[ 2012/09/17 13:30 ] 2013種親 | TB(0) | CM(22)

交換開始しました

いやぁ、また放置状態でした(汗)
ネタがない訳ではなかったのですが、ちょっとテンション落ち気味でした。
そろそろ気合い入れないといけませんね!

8月の終わりに家族で夢の国に行ってきました。
FP争奪戦でかなり疲れましたが、子供も喜んでいましたし楽しい旅行になりました。
また来年旅行に行けるように、1年間一生懸命働きたいと思います(笑)

詰め詰めもとりあえず24ブロックやっつけました。
8ブロックを3日に分けて詰めましたが、この程度ならそれほど疲れませんでした。
仕事が終わった後詰めますので時間との勝負です。
8ブロックで片付け含め1時間半かかりませんでした。

さて交換記事も目につくようになってきて、ブリードも段々忙しい時期になってきましたね。
1本目からかっ飛ばしている方もいて少々焦り気味ですが、我が家はマイペースで粛々と交換しております。

まずは主に久留米の交換から行っていますが、いつものように驚くような幼虫は出ていません(笑)
きっと大きいのは出ないので、久留米の1本目の体重は20gあればいいと割り切って交換しています。
昨年は♂で10g台のが結構出ましたので、それを考えると今年はまだ順調なのかもしれません。

やはり今年も幼虫頭幅に注目して測定しています。
特に久留米は2本目が勝負とよく言われますが、頭幅をみればそのラインが当たりか外れか位の大まかな予測は出来る様な気がします。

我が家では体重がいくら重くても頭幅が小さい幼虫の期待値は低いです。
逆に小さくても久留米で頭幅13ミリ近い幼虫は我が家ではVIP待遇です。

という考えから久留米の1本目は極端に小さくなければそれほど気にしなくてもいいのかなと思います。
あくまでも私の勝手な解釈ですが(笑)

途中経過ではマツノ14番を使った1番ラインはなかなか良さそうです。
2番は頭が小さいのが多いですね。。。
同じ種♂でもラインによって結構差があります。

逆に能勢は1本目からある程度は体重乗せたいですし、頭幅も13ミリ以上は欲しい所ですね。
能勢の本格的な交換はまだこれからですが、今年はどうなるでしょうか?

今年は管理温度も少し低めにしていますので、その影響がどう出るか楽しみです。
[ 2012/09/11 10:22 ] 2012年ブリード | TB(0) | CM(14)
プロフィール

エバクワ

Author:エバクワ
今年でブリ歴8年目です。特大サイズ目指してます。

幼虫管理データ
2016年
能勢YG
2015年
能勢YG
2014年
能勢YG
久留米
2013年
能勢YG
久留米
2012年
能勢YG
久留米
2011年
CYG88Hコラボ
能勢YG
久留米
祖父江
2010年
能勢847血統
能勢80系

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
QRコード
QR
検索フォーム
pictlayer


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。