国産オオクワガタの産地や血統をしっかり守り飼育しています。大型血統をメインに飼育しています。
月別アーカイブ  [ 2013年04月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

近況です

先日はmasukoさんとクワ談義(ドラ談義?)してきました。
相変わらずマイホーム計画でお忙しそうでしたが、設計段階から専用のクワ部屋が確保出来るなんてうらやましすぎます(爆)

自分も10年マイホームを建てるのが遅かったら・・・などと妄想してしまいますが今となっては儚いおっさんの夢ですね。

現在は専用のクワ部屋などはもちろんないので子供部屋を間借りしていますが、子供も段々大きくなってきましたしそろそろ明け渡しを考えないといけません。
最終的には実家かな~と思っていますが、ちょい遠い(車で1時間)ので躊躇ってます。

今年1年は何とかなりそうなので、来年以降の事は今から色々考えてます。


さてさてペアリングも現在組んでいるのでようやく最後となりました。
今組んでいるのは年明けに羽化した早期羽化♀ですが、3ヶ月以上経っているので多分大丈夫だと思ってます。
個体差もあるでしょうけど、昨年羽化3ヶ月の♀で産卵実績がありますからね。

しかし今年はやっとペアリング終わったか。。。と感じるくらい長く感じました。
元々の数も多かったですが、心配なペアは念のため2回組んだりしたのもあって余計多くなったのが原因ですね。

交尾する気のない842も、粘りのセットでようやくエサ皿の下で仲良くしているのを発見できました。
もしうまく幼虫が採れれば今後色々な意味で自信が持てそうです。
色々試行錯誤しましたからね(笑)


それから幼虫の方は大分蛹が増えてきました。
35gUP級のはまだこれからですが、♀や小さい♂は順調に蛹化しています。

相変わらずビン底で蛹化したのも何頭かいます。
昨年はひっくり返したりしましたが、あんまりうまく行った記憶がないので今年は様子を見て掘り出そうと思ってます。

またビン底に作成したあげく蛹室の傾斜の低い方に頭がある間抜けな蛹もいましたが、顎先に幼虫の頭が残ったままでした。
うまく脱げなかったんですねぇ。
こういう個体はやっぱりリスクが高くなりますね。
最終体重34gあったんですが、残念ながら不全でしょう。

暴れまくって止まらない幼虫も結果的に★になる率が高い感じがします。
もしかしたらこれもどこかに欠陥があるのかもしれませんね。

我が家期待の41.9gはまだプリプリしていますが、蛹室も作成し終わった感じなのでこれから蛹化に向かっていくと思います。
暴れず蛹室作りましたし位置もいいので、後はうまく蛹化するのを願うばかりです。
スポンサーサイト
[ 2013/04/28 10:46 ] 2013年ブリード | TB(0) | CM(20)
プロフィール

エバクワ

Author:エバクワ
今年でブリ歴8年目です。特大サイズ目指してます。

幼虫管理データ
2015年
能勢YG
2014年
能勢YG
久留米
2013年
能勢YG
久留米
2012年
能勢YG
久留米
2011年
CYG88Hコラボ
能勢YG
久留米
祖父江
2010年
能勢847血統
能勢80系

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
QRコード
QR
検索フォーム
pictlayer


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。