国産オオクワガタの産地や血統をしっかり守り飼育しています。大型血統をメインに飼育しています。
月別アーカイブ  [ 2013年05月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いい加減な菌糸詰め(笑)

いよいよ始まりました、おそらくブリードで嫌な作業No.1であろう菌糸詰め。
ashtakaプレスを持ってしてもしんどい作業であることは間違いありませんね。

我が家にも先日48ブロック届いていますので徐々に開始しました。
皆さんほんと丁寧にやられていますね。
うちも見習わなければ(汗)

この嫌な菌糸詰めを如何に効率よくできるのか?
そんな事ばかり考えて、試行錯誤しながら現在は今の方法にたどり着いています。

私の超いい加減な詰め方法ですが、真似して失敗しても一切責任は持ちません(笑)

まずはよく言われるビン&器具のエタノール消毒はやりません。
菌糸の菌が強ければカビに負けることはないと思ってます。
逆に言えば菌が弱いメーカーの菌糸は私の中では使えないです。

詳しい方に聞いた話ではそもそもエタノールをビンにシュッシュッと掛けたくらいでは完全な除菌は出来ないみたいです。
実際はエタノールの中にビンを数分間浸けるくらいやらないとダメみたいですね。

また空気中にはカビ菌はウヨウヨしているわけですから、いくらビンを除菌して綺麗にしたところであまり意味はないと思います。
ビンの中でキノコ菌とカビのせめぎ合いが起きているわけで、正常な菌糸でしたらカビに負けることはありません。
古くなった菌糸だとカビの勢力の方が強くなって負けちゃうことはよくありますけどね。

それからブロックの皮膜も一切とりません。
そのまま崩して詰めてます。
皮膜が残っても気にしません。

何度も崩すのが面倒なので、大きめなコンテナに4~5ブロック一気に崩しています。
崩したら撹拌作業だけはかなり念入りにしています。
発菌不良が起こるのはこの撹拌がしっかり出来ていない場合もあるのでは?と考えています。

私の場合プレス作業もほとんど力を入れませんのであまり疲れません。

このやり方にしてから菌糸が廻らなかった事やカビに侵されてしまったことは今まで一度もありませんが、間違っていたらすいません。
あくまでエバクワ流って事でお許しを。
特にエタノール消毒については皆さんお考えは色々あるでしょうからね。

ちなみに昨日頑張って12ブロックやりましたが、2時間かかりませんでした。

菌糸を廻す時の温度、菌糸の水分量、後しっかり撹拌すれば普通に廻ってくれると思います。

私はこれでビン洗いが嫌いな作業No.1になりました(笑)
スポンサーサイト
[ 2013/05/26 12:01 ] 菌糸 | TB(0) | CM(20)
プロフィール

エバクワ

Author:エバクワ
今年でブリ歴8年目です。特大サイズ目指してます。

幼虫管理データ
2015年
能勢YG
2014年
能勢YG
久留米
2013年
能勢YG
久留米
2012年
能勢YG
久留米
2011年
CYG88Hコラボ
能勢YG
久留米
祖父江
2010年
能勢847血統
能勢80系

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
QRコード
QR
検索フォーム
pictlayer


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。