国産オオクワガタの産地や血統をしっかり守り飼育しています。大型血統をメインに飼育しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

来期の準備

早めに産卵木を購入しました。
昨年使用したインセクトファクトリーさんの材がとても良くしかもかなりお値打ちでしたので今年もお願いするつもりでしたが、いつの間にかHPが無くなっていました。

仕方がないので評判のいいドルクスルームさんで初めて購入してみました。

皆さんはA材を使われているようですが、私はB材です。
R0010975_R.jpg
HSさんの真似をして私もBL材と一緒に半端材も購入。
我が家はB半端ですが(笑)

柔らかめ指定でしたので堅さもちょうどいい感じです。
B材と言っても多少雑菌がある程度で芯もほとんどなくてかなりいい材ですね!

私の場合は来年も卵割り出しの予定ですので、芯があっても綺麗なA材でなくても全然OKです。

そこで卵割り出しのメリットとデメリットを考えてみました。

メリット
1 ♀取り出し後すぐに割り出しが出来るので、産卵数の把握が早くできる
2 割り出しが楽
3 卵割り出しはプチの心配が少ない
4 材は芯があっても問題なし
5 孵化後すぐに栄養価の高いマットを食べさせることが出来る

デメリット
1 卵割り出しは孵化するか心配
2 割り出しのタイミングによってはド初令が出る場合も
3 材を割ったときに幼虫の顔が見えないから寂しい(笑)
後他に何かありますか??

自分としてはデメリットよりもメリットの方が大きいかなと思っています。

昨年の孵化率は8割ほどでしたので、孵化の方はまず大丈夫だと思っています。
私の孵化法はプリンカップにマットを詰め、その上に卵を置いておくだけです。
勝手に孵化して勝手に潜っていきます(笑)

ただラインによって孵化率はかなり違いました。

今年はこの方法を実践しましたが、初令で★になるビンも少ないので来年も同じやり方でセットを組みたいと思います。

ついでに成虫マットも購入してみました。
R0010976_R.jpg
使っている方いますか?
見た感じはなかなか良さそうです♪
[ 2011/09/22 13:50 ] ブリード用品 | TB(0) | CM(16)
お久しぶりです
先日は、返信ありがとうございました。本日、茨木出張から帰ってきました。東京駅で帰宅難民を体験してきました。
 本題ですが、成虫マット私も使ってます。以前は、檜チップを使っていました。香がいいのですが、ゼリーの水分をあまり吸わずケースがべとべとになり困っていました。そこで、変えた所以前のようなケースの汚れが目立たなくなりました。マット交換は、必要ですが以前より回数が減りました。
[ 2011/09/22 16:59 ] [ 編集 ]
こんばんは
我が家も今季は卵からの孵化でした。
やはり孵化率は8割程。

飼育数をコントロール出来る点が1番のメリットです。

傾向として産卵数の少ないラインは2回目の産卵数も少なく、また2回目からの孵化率の方が良くありませんでした。

そこがデメリットです。

要するに、我が家の場合、1本目孵化の方が丈夫な個体が多いので、1本目の産卵期間をもう少し引っ張った方が良い気がします。

ただそうすると、数のコントロールが難しくなります。

なので微妙ですね。
分かりにくいかな。伝わりましたでしょうか?(^_^;)
[ 2011/09/22 19:28 ] [ 編集 ]
こんばんは。。。
我が家もほとんど卵からの孵化でした。
孵化してすぐに菌糸瓶に入れたかったので・・・
★も今の所数頭ですので問題ないかと。。。

産卵木、我が家も実は先週届きました。(笑)
ちと早かったかなと思っていましたが早めの準備が1番ですね!
[ 2011/09/22 19:58 ] [ 編集 ]
こんばんは。
我が家もドルクスルームさんの柔らか目B材です。
以前はA材を使っていましたが、差は感じられませんでした。
卵割り出しは怖くてしていませんが、たまに卵で割り出してしまいますが、孵化率は80%位ですね。
悩みますね。
[ 2011/09/22 20:38 ] [ 編集 ]
こんばんは
皆さん来期の用意も早いですね。
私もそろそろ動かなきゃ駄目ですね。
まだ2本目の菌糸詰め詰めが今週末にやる予定です。
もちろん手詰めですよ。
[ 2011/09/22 23:50 ] [ 編集 ]
こんばんは!
来季の準備というタイトルでしたので、
てっきり補強したのかと思いました(笑)

DRさんのBL材は我が家と一緒ですね^^
我が家にもまだストックがあります。

成虫マットは針葉樹マットでしょうか?
もしそうなら我が家と一緒です^^
去年は越冬にも使いましたが、無事に冬を越してくれました。
[ 2011/09/23 00:01 ] [ 編集 ]
おはようさんです
卵割出しのメリット、デメリットですか。
私は、メリットとして、早く数の把握ができる。
デメリットとして、初令の顔が見れなくて寂しい。(笑)と、言うか、初令での第一選別ができないってことかな。
初令での頭幅とアゴ長さでの選別も超ムズイけど、やっていたことありますよ。
体の大きさに囚われず、頭だけを見比べる。
ノギスでなんかで測れないから、並べて見るだけの選択でした。
1本目で全個体、同じ環境で飼育できれば、選別する必要はないんだけどね。
やってた時はどれを常温飼育へ回すか選ぶ必要があったのでね。

産卵木、どうしよっかなぁ。
[ 2011/09/23 05:53 ] [ 編集 ]
こんにちは
ブリードの調子がいいと記事のアップも滑らかですね(笑)
うちも来期は全てDRさんにお世話になります。
カワラなので年明けてからの予約です。
卵割り出しは卵の管理の手間が嫌なのでやりません。
割ってすぐ菌糸投入したいです。
ちなみにマットは広葉樹しか使ってないです。
[ 2011/09/23 15:32 ] [ 編集 ]
>教官さん
いえいえ、こちらこそよろしくお願いします。

あの台風の中出張でしたか、ご苦労様でした。
田舎に住んでいると帰宅難民なんて想像も出来ませんが、利便性のいい都会ならではの現象なのでしょうね。

マットは私も色々使っています。
今は奈良オオのマットを使用して気に入っているのですが、もっといいマットはないかと探しています(笑)
マットがべちゃべちゃになってしまうのが一番嫌ですよね。
[ 2011/09/24 11:09 ] [ 編集 ]
>チョネさん
なるほど貴重なご意見有り難うございます。
個々の環境によってメリットがデメリットになり得ますよね。

我が家の場合は2セット目の孵化率が悪いと言うことはありませんでした。
ただラインによって孵化率はかなり違いました。
これは1セット目も2セット目も共通して駄目なラインは駄目でしたね。

来年は幸い♀が多いので、産卵セットは1度だけにして再セットはしない予定です。
1セット目で採れた数だけ飼育したいと考えています。
そううまくいかないと思いますが(笑)
[ 2011/09/24 11:15 ] [ 編集 ]
>BKダイヤさん
結構孵化したてでビンに投入しても丈夫なラインでしたら問題ない場合が多いですよね。
卵も雑に扱っても結構孵化してきますし(笑)

用意は早めの方がいいですね。
特にいい材は早く無くなる場合が多いですから。
今回も柔らかめのB材をたまたま見つけたのでポチしてしまいました(汗)
[ 2011/09/24 11:18 ] [ 編集 ]
>pax77777jpさん
B材でも産卵数にそれほど影響はないと思っています。
昨年はあるメーカーのあまり品質の良くない材を使ったのですが、文字通りどのラインも爆産でした(^^;)

私の場合芯があっても問題ないですし、ある程度の太さと柔らかめの材でしたらいいと考えています。
あ、あと価格は重要ですよね(笑)

paxさんも孵化率は8割くらいですか、大体そのくらいなのでしょうね。
[ 2011/09/24 11:23 ] [ 編集 ]
>よしくわさん
どうせ使う物ですし、早めの方がいいと思って購入してしまいました(汗)
多分そんなに焦らなくてもいい材は入るのでしょうけどね。

詰め詰めご苦労様です。
私も来週辺り少しだけ詰めますよ。
2本目は既製品がほとんどですのでかなり楽しています(笑)
[ 2011/09/24 11:26 ] [ 編集 ]
>バナマロさん
勘違いさせてしまいましたか、すいません。
来期の補強もしているのですが、それはまた紹介させて頂きますね。

バナマロさんもBLでしたか。
今年使用した材は本当に綺麗なものでしたが、Bでも充分ですね!
半端材と合わせて60本ありますので、しばらくは大丈夫でしょう。

成虫マットは針葉樹ですよ。
我が家も越冬は針葉樹のマットでさせています。
[ 2011/09/24 11:30 ] [ 編集 ]
>ashtakaさん
初令で選別もできますよ。
孵化してしばらくマットで管理しておけばビンへの投入時に選別出来ると思います。
ただ私は初令の頭幅を見ても選別出来ないのでやりませんが(笑)
ashさんも今はすべて1軍管理できるので、そこまでしなくてもいいのでしょうか?
以前やっていたと聞いたときはビックリしましたよ(笑)

材はなかなかいい感じでしたよ。
[ 2011/09/24 11:34 ] [ 編集 ]
>Gullさん
ブリードの方は完全に失速です(爆)
Gullさんはカワラでしたか、皆さんいろいろこだわりがあるんですね!

なるほど割ってすぐ投入する方には卵割り出しは面倒ですよね。
それは気がつきませんでした。
私も昨年はそのようにしていたのですが、初令でかなり★になってしまったので今年から割ってしばらくはマットで管理しました。
ただ今考えると落ちたのはビンにすぐ投入したからではなく、単純に弱いラインだったのでしょう。

広葉樹のマットはダニが湧きませんか?
[ 2011/09/24 11:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

エバクワ

Author:エバクワ
今年でブリ歴8年目です。特大サイズ目指してます。

幼虫管理データ
2016年
能勢YG
2015年
能勢YG
2014年
能勢YG
久留米
2013年
能勢YG
久留米
2012年
能勢YG
久留米
2011年
CYG88Hコラボ
能勢YG
久留米
祖父江
2010年
能勢847血統
能勢80系

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
QRコード
QR
検索フォーム
pictlayer


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。