国産オオクワガタの産地や血統をしっかり守り飼育しています。大型血統をメインに飼育しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

飼育容器の比較

皆さん、こんにちは。

最近幼虫を飼育するボトルについて考えています。
ほとんどの幼虫飼育に皆さんはPPかクリアボトル、またはビンを使用していると思います。

私はもっぱらPPボトルを使用しています。
ブリードはじめた当初は中が見やすいと理由から、クリアボトルを使っていました。
今は中の幼虫はブリード当初よりあまり気にならなくなりましたので全てPPに変更しています。

最近仕事の都合上、材質による酸素透過性・防湿性の違いを勉強していました。
その過程でPPとPETやビンの事も何となくですが分かってきました。

まずPPですが正式名ポリプロピレンと言います。
特徴は価格が安い、防湿性に優れている、酸素透過率が高い(酸素をよく通す)

比較してクリアボトルはPETで出来ています。
ペットボトルと言われるジュースの容器と同じ材質ですね。
正式名ポリエチレンテレフタラートと言います。
PPと比較して単純に価格は少し割高、防湿性は少し低い、酸素透過率は低い(酸素を通しにくい)

ビンは価格が高い、酸素透過、透湿は全くなし

以上の事が分かりました。
ただ色々な複合要因もありますのでこんなに単純ではないと思います。

食品は酸素を通すと酸化が始まり劣化が進みますので、酸素を嫌うものがほとんどです。
その為、酸素透過性の低い材質を使ったり、脱酸素剤の使用、また酸化防止剤を混入したりして酸化を防ぎます。

ペットボトルは酸化透過率が低いので、中のジュースの酸化を防ぐ意味で普及しているのだと思います。
実際にはキャップからも酸素は透過してしまうのですが、酸化防止剤なども入れて酸化を防いでいます。

食品とは違って幼虫には酸素は必要ですし、酸素透過は高い方が良さそうですね。

話がそれてしまいましたが、PPとPETとビン、ブリードにはどれが適しているのでしょうか?
防湿性の高さではビンとPPが良さそうですし、酸素透過性ではPPが一番です。

まあ実際にはフタはPPでしょうし空気穴が空いていますので、そこまでの差はないかもしれません(汗)
[ 2012/09/25 16:07 ] 2012年ブリード | TB(0) | CM(16)
こんばんは。

とれも興味深い内容です。
私は、今年からチャレンジしていますが、洗う事や使い回しが出来る事、耐久性を考えて瓶を使用する事にしました。丁度、蜂蜜瓶1000や2000が格安で手に入る事も理由なのですが・・・。

PETやPPは軽くて良いですよね。落としても割れないですし。

もちろん大きくなるなら、利便性よりもそちらを優先させます。

どっちが良いのでしょうか?私も知りたいですw
[ 2012/09/25 21:07 ] [ 編集 ]
こんばんは
昔は全部ガラス瓶を使っていましたが、
今ではほぼPPです。
やっぱり割れないのがいいのと何度も洗って使っております!
PETは現在成虫用になっております!(笑)

大きくなるのはどれが良いのでしょうか?
知りたいです!(笑)
[ 2012/09/25 22:34 ] [ 編集 ]
こんばんは!
興味深い内容ですね♪
私はガラス瓶をメインにPP瓶もPET瓶も使っています。
ただエバクワさんの記事の内容からすると、PP瓶が1番よさそうですね!
最近気付いた事がありますが、PP瓶に詰めた菌糸の回りが1番早いという事です。
エバクワさんのいう酸素透過率が高いという言葉に納得です(^-^)
[ 2012/09/26 01:45 ] [ 編集 ]
おはようございます
幼虫飼育のボトル選択ですか。
私もずっと悩んでいますが最近はPPに落ち着きました。
PETも少しだけありますがほとんど成虫用に使ってます。
もう少し財源に余裕があればオオクワはガラス瓶で行きたいんですけどね(苦笑)
[ 2012/09/26 06:29 ] [ 編集 ]
こんにちは。。。
幼虫ボトル、どれが良いんでしょうか?
自詰めはPETでしておりますが、PP(既製品)より劣化等悪い様な感じがしました。

ショップでも大半がPPでの既製品の為良いのかなと…
(コスト面の方が大きいかもしれませんが)

どうなんでしょう?
[ 2012/09/26 11:07 ] [ 編集 ]
こんにちは。
勉強になりました^^ありがとうございます。
たまたま私は98%くらいPP使用中です^^;
欠点といえば 850ccが多いので口が狭く 
手詰めの時に苦労しているくらいです(笑)
クリアボトルの素材はPETなんですね・・・
使ったことないので知りませんでした(爆)
[ 2012/09/26 15:54 ] [ 編集 ]
こんにちは
我が家が現在使用しているクリアボトル(PET)はPPボトルと比べ材質が柔らく、多少隙間が生じてしまうため、結露からカビとなる確率は上がるように見受けられます。
どうなんでしょう?
[ 2012/09/27 08:52 ] [ 編集 ]
>Tatsuさん
ビンは洗うのも楽ですし再利用できますからいいですよね。
私も最終ボトルはハチミツ2000を使っています。
ビンが格安で手に入るのはいいですね。
羨ましいです。

実際ビンで大きくしている方もいますので、決して駄目とは思いませんよ。
[ 2012/09/28 09:32 ] [ 編集 ]
>toplegend44さん
私もPETは全て成虫管理用です(笑)
ビンをメインに使いたいのですがやっぱり割れるのと重いので躊躇ってます。
となると利便性上、PPが一番かなと思ってメインで使っています。
私も何度も洗って再利用してますよ。
[ 2012/09/28 09:35 ] [ 編集 ]
>トシクワさん
確かにPPに詰めた方が菌糸の廻りは早い気がします。
それが酸素透過性に関係があるのかは全く分かりませんが(笑)

今回は書きませんでしたが、素材の強度も重要なファクターじゃないかと思っています。
奥が深いですね。
[ 2012/09/28 09:39 ] [ 編集 ]
>ルンビニさん
やっぱりPETは成虫用に落ち着きますよね(笑)
ビンはいいのですが確かに高価ですからね。
それ以上に重いのがうちでは使いにくい理由の1つです。
ただ羽化用で大きい幼虫にはビンを使っていますよ。
[ 2012/09/28 09:42 ] [ 編集 ]
>BKダイヤさん
PETの方が劣化も早いのは私も感じます。
PPが中が見えにくいので分からないだけかもしれませんが(笑)

安いですし飼育していて問題ないので私は全てPPです。
でも来年はビンも少し増やしていこうかと思っています。
[ 2012/09/28 09:44 ] [ 編集 ]
>いなかっぺ。さん
いえいえ、勉強になるほどのネタでもありませんよ(汗)
850ccというのは口が狭いボトルの事ですか?
あれは掘るのも詰めるのもちょっと使いにくくないですか?
オアシスMSもあのボトルですが、再利用しにくいので全て捨てています。

クリアボトルの素材はPETですよ。
強度面でもちょっと不安がありますね。
[ 2012/09/28 09:47 ] [ 編集 ]
>チョネさん
チョネさんはPETですか?
確かに強度面はちょっと弱いですね。
多少の隙間は酸欠防止でいい面もあると思いますが、それが原因での劣化も気になります。
今年は湿度も低く管理できましたのでカビボトルもほとんどありませんが、大きくなっていませんので微妙です(笑)
[ 2012/09/28 09:50 ] [ 編集 ]
こんにちは。
自分もPPとPET悩んでいました。
実際今はPETを使っています。
しかし今回から既製品にしたのでPP(神長さん)になりました。
気のせいか幼虫がすぐに落ち着いたのが気になっています。
コストの面からもPPの方が優秀かもしれません。
[ 2012/09/28 15:13 ] [ 編集 ]
>paxさん
皆さん色々悩んでいるんですね。
コスト面でしたらPPが一番ですね。
と言うことで我が家もPPで落ち着きました(笑)
[ 2012/10/02 14:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

エバクワ

Author:エバクワ
今年でブリ歴8年目です。特大サイズ目指してます。

幼虫管理データ
2015年
能勢YG
2014年
能勢YG
久留米
2013年
能勢YG
久留米
2012年
能勢YG
久留米
2011年
CYG88Hコラボ
能勢YG
久留米
祖父江
2010年
能勢847血統
能勢80系

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
QRコード
QR
検索フォーム
pictlayer


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。