国産オオクワガタの産地や血統をしっかり守り飼育しています。大型血統をメインに飼育しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

暴れの考察

次男が昨日から咳や鼻水をしていましたので、風邪かと思っていましたら今朝熱が出ました。
念のため医者にかかり調べてもらいましたらインフルエンザでした。
予防接種を受けていましたので今のところそれほど高熱は出ていませんが、まだ安心できません。
とうとう我が家にも来ました。
今は家族に広がらないか、戦々恐々しております(汗)

さてまずはこちらをご覧下さい。
先日交換した♀です。

No.1001-08(847血統)10/26 13.1g
RIMG0061_R.jpg
13.1gから14.1gでした。
実はこの仔は1本目15.5gあったのですが、2本目で暴れてしまい13.1gに激減した個体です。
1本目の15.5gには届きませんが、暴れで減った分を若干ですが戻していました。

2本目で暴れたボトルを今期交換するのは初めてでしたので、結果がとても気になっていた個体です。

我が家でその他暴れた個体の交換結果です。
No.1001-02 13.2g(1本目暴)→11.9g
No.1002-19 10.6g(1本目暴)→11.7g
No.1003-21 11.9g(1本目暴)→13.6g
No.1004-05 12.7g(1本目暴)→14.1g
No.1005-08 13.9g(1本目暴)→14.2g
No.1005-12 12.4g(1本目暴)→14.0g

暴れで交換して、その後また交換したボトルのみですのでサンプルは少ないです(う~ん伝えにくい・・・)
そのため2本目以降に暴れた個体は画像の個体だけで、後はすべて1本目に暴れた個体です。

1001-02はなぜか減っていますが、ほとんどの個体は増えていました。
同腹ラインでも、暴れていない個体より逆に大きくなっている奴もいます(^^;)

2本目以降暴れた個体のサンプルが少ないことや、今回すべて♀の結果だけですのでおかしな事は言えませんが、暴れてもその後しっかり戻している個体が多いことが分かります。

今まで暴れたら終わりと思っていましたが、どうやらこのようにしっかり戻してくる個体もいる事がはっきり分かりました。
特に早い段階での暴れはその後充分回復する可能性があるようです。

ある有名なブリーダーさんに先日お聞きしたのですが、3本目暴れてしまい27gだった個体が84㎜で羽化してきたと聞きました。
その個体は一度も30gUPしなかったそうです。

これが体重だけでは計れない幼虫の資質なんでしょうね。
[ 2011/02/21 11:32 ] 2011年ブリード | TB(0) | CM(14)
こんばんは
暴れでも成長しているんですね。
27gから84mm羽化は凄いですよね。
もうすぐ加温シ-ズンですね。
がんばって無事羽化までもっていきましょうね。
[ 2011/02/21 20:12 ] [ 編集 ]
こんばんは
暴れ個体の検証参考になります。


暴れても、そう悲観することはなさそうですね。

但し予備の菌糸ビンをストックしておく必要があるようですね。


あと私が気になることは、暴れ個体が虚弱体質なのかどうか?ですね。

また完品羽化の確率に差が生じるのか?

今後、暴れていない個体との比較も是非ブログ上にて教えて下さい。

[ 2011/02/21 20:49 ] [ 編集 ]
こんばんは!
エバクワさんの所もインフルエンザですか…(汗)

自分の所も下の子→自分→上の子と移っていきました(涙)

くれぐれもお大事にして下さいね^^


[ 2011/02/21 21:35 ] [ 編集 ]
こんにちは。
インフルエンザ気を付けて下さいね。
息子さんお大事にして下さい。
幼虫の大きさは体重だけでは判らないのですね。
伸びてる幼虫は期待も持てますが、減量した幼虫は期待薄になってしまいます。
[ 2011/02/22 09:22 ] [ 編集 ]
こんばんは
インフルエンザお気をつけ下さいネ。
お子さんの回復をお祈りいたします。

メスはオスよりも体重がシビアに影響するだけに
ここにきての増加は嬉しいですね。
[ 2011/02/22 22:45 ] [ 編集 ]
>よしくわさん
早い段階の暴れはその後きっちり戻していました。
27gから84mm羽化は凄いですよね~我が家にそんなミラクルな幼虫は果たしているのでしょうか?

段々とシーズンの終わりに近づいてきましたね!
ここまできたら全頭完品羽化してもらいたいですね。
[ 2011/02/23 13:06 ] [ 編集 ]
>チョネさん
我が家の環境では暴れてもその後しっかり戻っている個体が多かったですよ。
ただ今回は♀だけの検証ですので、♂の場合はどうでしょうね。
でも♂の暴れでもそれほど悲観しなくてもいいのかなって思い始めています。

暴れ個体が虚弱体質って言うのは余り聞いたことがないですね。
ラインによって暴れが多いのはありますが、完品羽化の確率はどうなのでしょう?
羽化してからまた検証してみますね(*^_^*)
[ 2011/02/23 13:36 ] [ 編集 ]
>バナマロさん
月曜日に高熱がでました(汗)
でも次の日には平熱に戻り、今はムッチャ元気です(^^;)
今の所家族には感染していませんが、予防だけはしっかりしています。

保育園は大事を取って今週いっぱいはお休みしますので、今は有り余るエネルギーを抑えるのに必死です(笑)
[ 2011/02/23 13:39 ] [ 編集 ]
>pax77777jpさん
予防接種をしていたからなのか、タミフルを早めに飲んだからなのか分かりませんが、1日で平熱に戻りましたよ。
子供はタフですね(^^;)

幼虫は体重だけでは分かりませんよね。
ある程度参考になるとは思いますが、結局は幼虫の資質の問題かなって思っています。
ブリードは奥が深いです(^^;)
[ 2011/02/23 13:42 ] [ 編集 ]
>鍬形屋七兵衛さん
1日で復活しました(^^;)
次男はあまり風邪を引きませんし、高熱が出ていても結構ケロッとしています。
逆に長男は少しの熱で大騒ぎですが・・・(汗)

そうですよね、♀の1gの違いはかなり違いますからね。
この時期♀が1gも増加したとは考えにくいですから、やはり暴れで落とした分が少し戻ったんじゃないかと考えています。
[ 2011/02/23 13:46 ] [ 編集 ]
こんばんは
遅れての参上、済みません。

大阪、岡山の怒涛の出張から戻って参りました。

この時期の体重増、しかも♀ですから、
仰るように1gの重みは図り知れません。

具合はその後如何ですか?くれぐれもお大事に。
[ 2011/02/23 22:51 ] [ 編集 ]
お大事に
まずは峠は越えられたようですが、どうかお大事に♪


記事大いに参考にさせていただきました。
自分のところだけではデータが十分ではなかったので、助かりました。

暴れで減った体重を戻せる場合があるのは間違いないと思います。
コツもいくつか掴んだ気がしています。(まだ確信ではないですけど・・・)

あと、最終体重はある程度参考でしかないとも感じるようになりました。
最後のビンに入れて、それをどのくらい食べた後に蛹室を作るかで、
相当変わってくると感じるからです。
また、減った体重のかなりの部分は、
食べて吸収中のものが占めているとも感じます。
であれば、安定した食餌をさせれば、
当然ですが、比較的短期間でしかるべき体重に戻るのでは?
という理屈です。

最悪なのは、交換直後の徘徊の後、すぐに蛹室を作り始めることでしょうか?(笑)

なので、加温の時期は今年は遅めにする実験中です。
(ちょっと失敗もしているんですが)

あと、最後のビンに入れるときはビンの組成や詰め方に、
もう少し改善の余地があるように最近感じています・・・
(堅さでなくて、中身のレシピですが)
[ 2011/02/24 00:48 ] [ 編集 ]
>ミキハルさん
大阪・岡山の出張ですか、ご苦労様です。
ミキハルさんは日本全国飛び回っている印象です(笑)

♀の1g増加は素直にうれしいですね。
♂と違って結構シビアに体長に現れますので、この時期の増加は喜ばしいです。

子供はもう復活しておりますよ(汗)
[ 2011/02/24 12:01 ] [ 編集 ]
>ちなみさん
ちなみさんのお宅と比べると我が家のキャパはかなり小さいので比較対象にはなりませんが、少ないながらも顕著な結果が出ました。
我が家はデータが少ないのでまだ確信は持てていませんが、ちなみさんの所でも同じような結果が出ていると言うことはやはり暴れてもしっかり戻してくる個体が多いのは間違いないでしょうね。

最終体重からまだ伸びる個体もいますし、逆に減る個体もいる・・・やはり最終体重だけで還元率云々を語るのは無理がありますよね。
暴れで交換して直後に蛹室を作り始めるケースもよくありますが、こういったビンからも大きな個体が出てくる可能性もありますから奥が深いです(汗)
ですから楽しいんですけどね!
[ 2011/02/24 12:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

エバクワ

Author:エバクワ
今年でブリ歴8年目です。特大サイズ目指してます。

幼虫管理データ
2015年
能勢YG
2014年
能勢YG
久留米
2013年
能勢YG
久留米
2012年
能勢YG
久留米
2011年
CYG88Hコラボ
能勢YG
久留米
祖父江
2010年
能勢847血統
能勢80系

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク
QRコード
QR
検索フォーム
pictlayer


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。